原因について

最も有力とされている説は、ごくありふれたウイルスに感染したことが引き金となり、主に自己免疫的機序により膵臓にあるβ細胞が破壊されていくというものです。
つまり、本来であれば外からやってきた異物を異物とみなし、排除しようと働くはずの免疫が、何かのウイルス感染をきっかけにして、自己の正常な組織や細胞、すなわち膵臓のβ細胞を攻撃してしまうことにより症状が出現すると言われています。
しかし、ウイルス感染が引き金とは言っても、1型糖尿病が感染することは一切ありません。

それは、その感染に関与したとされるウイルスは体からすぐに消えてしまいますし、そのウイルスに感染したとしても1型糖尿病を発症しない人の方が圧倒的に多いからです。
原因と考えられているウイルスは、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスといった子どもがよくかかる風邪のウイルスであり、全く特殊なものではありません。
現代の医学においても1型糖尿病の明確な原因は不明です。